脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

神経の通り道である脊柱のトンネル(脊柱管が加齢による骨変性により狭くなり動作時に神経を圧迫ししびれや痛みを誘発しの長時間の歩行が困難になる症状を言います。

 

 

脊柱管狭窄症の原因は

脊柱管狭窄症の原因は

加齢による骨の変性、長期の前屈姿勢、側弯や背骨の病気により脊柱に過度の圧迫が強いられておこります。

神経は脊柱管といわれるトンネルの中を通過しています。加齢による骨の変形でトンネルの空間が狭くなり神経を触るとしびれが出て歩けなくなります。またとげが突出して神経を触ったりしておこる事もあり姿勢を反らすと症状が悪化し、前かがみや自転車に乗る姿勢では痛みやしびれが出ない為、症状が緩和するのも特徴的です。

 

初期症状は

① 腰から脚にかけてのしびれ

② 足の裏の痛み

③ 下肢の突っ張るような痛み

などです。

 

特徴的な症状は

15分~30分ほど歩くと腰から臀部にかけて強いしびれが出て来て痛くて歩くことが辛くなり、腰を下ろして休まざるを得なくなります。ところが、少し休むとまた不思議と歩けるようになる事が起こります。これを間欠性跛行と呼びます。

 

単なるしびれや痛みだということで放置しないで下さい。しびれ、痛みが強くなったり排尿障害が出たり症状が深刻化する場合があります。

初期症状がみられたら早めに 刈谷市 彩り接骨院・整体院にご相談ください。

一般的な対処法と当院の違い

一般的な対処法は

病院では

① レントゲン、MRIで検査

② 注射や投薬薬の処方

③ 牽引療法

④ 手技療法

にて症状を抑えますが、根本的な症状改善に至っていません。症状を一時的に抑える対処方法に過ぎません。

 

当院では

① 骨盤矯正

② 循環調整

③ 神経促通

④ 椎間関節調整

などを施し、1つ1つの椎体の隙間を広げる事で神経圧迫を緩和させていきます。

主に脊柱を伸ばす際にしびれの誘発起こりますので椎間関節の調整は症状を抑えるのに有効であると言えます。

あなたはこんな不安やお悩みお持ちではありませんか?

  • 30分以上歩けない
  • 腰を反らせるとしびれが増強する
  • 自転車ならどこでも行ける

そのお悩みを当院が解決いたします。