ストレレートネックとは?

ストレートネックとは

本来あるべき頸椎のカーブがスマホの普及や勉強の姿勢の悪さ、パソコンのモニターの位置によって弯曲が失われた状態をいいます。

 

ストレートネックの原因

頸椎は7個あり本来は前方に凸になっているのが普通です。近年のスマホの普及パソコン作業の姿勢の悪さなどの影響で首のカーブの弯曲が失われてしまう事が原因で起こります。

 

不自然な姿勢を続けると首や肩の痛みだけでなく頭痛やめまいなども引き起こしますので適度なストレッチや体操をや肩甲骨を動かす体操を行うこと事で発症を抑えられます。

 

勉強の姿勢やスマホを使う事が多い近年ではいかに頭を前に下げる事を少なくするかで症状出させない環境を作れるので、猫背にさせない骨盤からの姿勢の改善が必要となります。

 

頭はボーリングの玉1個ぐらいの重さがありますので細い首には大変負担になります。負荷がかかった首には血流がうまく行き届かなくなり極度な肩こりや首痛をおこします。

 

おかしいなと異変に気付かれたら早めの対応が必要です。

一般的な対処方法と当院との違い

一般的な対処方法は

病院では

① 薬や湿布で様子をみる

② 牽引療法

③ 物理療法

④ マッサージ

が行われますが根本的な症状改善には至りません。あくまで対処療法でまた再発する事も少なくありません。

 

当院では

① 骨盤の見直し

② 脊柱のs自カーブの形成

③ 循環調整

④ 肩甲骨、鎖骨の調整

⑤ 荷重バランスの調整

これらで症状の改善の行っていきます。全体のバランスが均等に保たれているか、骨盤から見直し脊柱の弯曲を形成し直します。

  • 上に向くと辛い
  • 肩こりがひどい
  • 横向きで無い寝れない
  • まくらはいつも高めだ