ゴルフの飛距離は?

あなたのゴルフの飛距離は何ヤード?

ゴルフを上達したいとお悩みのあなた、お悩みはスコア、それとも方向、あるいは飛距離ですか?ゴルフが上達したいあなたが、まずすべきことは身体の使い方を変える事です。

 

ゴルフは下肢のエネルギーをいかに上肢に伝えるかが問題となります。

腰の捻転のエネルギーをそのままクラブに伝えるためにはいくつかの関節筋肉の働きをよくする必要があります。

ゴルフの飛距離を落とす原因

ゴルフの飛距離が出ない、方向が安定しないなどの多くはこれらが使われていない事が多くあります。

それに必要な筋肉はまずは腹筋です。男性は女性に比べ筋肉量が多く、体幹のバランスがしっかりしているため飛距離が出るのは良くおわかりだと思います。

腹筋の使い方が悪いと前傾角度が保持できず上肢と下肢のバランスが悪くなってしまいます。いかに安定をさせるかは腹筋が非常に重要と言えます。

次に重要となるのは股関節です。股関節の柔軟性は骨盤の動きをスムーズにさせる働きがある為大変重要です。股関節周りの筋肉をストレッチし、股関節をスムーズに動くようにすることで飛距離が安定して来ます。

飛距離や方向が安定しない場合は体重が外に逃げてしまい、捻転のエネルギーが溜まらず逃げてしまっています。

股関節でしっかりと受け止めてエネルギーをためる事が重要です。

 

一般的な対処方法と当院の違い

一般的な対処方法

一般的な対処方法は筋肉のマッサージを柔軟性を高めたり、ストレッチをして硬くなった筋肉を伸ばす事をして行きます。

 

彩り接骨院・整体院では

多角的にアプローチをして行きます。

① 仙腸関節に対するアプローチ

② 骨盤の柔軟性調整

③ 股関節の調整

④ 筋力の活性化

ゴルフスイングの不調が出ている場合は、筋肉の緊張を出させたり、足が浮いたりさせる原因となる為、これらが不安定さを出させてしまいます。筋肉の緊張を取り除きの筋肉の働きを活性化していきます。

股関節を調整をして全身のエネルギーを上肢に伝えていきますので、飛距離や方向性にお悩みの方はすぐに効果が現れにクラブが1~2番手変わってしまう事もしばしばです。飛距離にお悩みの方もこれでスッキリすする事と思います。